診療のご案内

お子様の虫歯予防は誰がするの?

  • ・お子様が自分で行う
  • ・家族が予防する
  • ・歯医者さんが予防する
お子様の治療について

これらの項目は、どれも単独だと正解ではありません。
子どもの虫歯予防は、家族と歯科医院(専門医)が協力してはじめて成し遂げられるのです。またそれぞれの信頼関係がなければ効果をあげることはできません。


虫歯を予防する3つの基本

1.食生活のリズムが大切です。

3度の食事を中心に、おやつの回数は1日1回を目標にしましょう。

2.歯を強くする。

普段の食生活でバランスの良い栄養食を規則的に摂り、歯質の良い強い歯をつくりましょう。

3.虫歯菌を減らす。(ブラッシングとフロッシング)

歯ブラシによる正しいブラッシングとデンタルフロスを使った虫歯菌のかたまりであるプラーク(歯垢)を取り除きます。

成長に合わせた虫歯予防

0歳~1歳頃

歯磨きをはじめる時

生後6ヶ月を過ぎると乳歯が生えはじめます。
最初は前歯しか生えていないので、ガーゼ等で拭く程度で大丈夫です。1歳頃から歯ブラシを使用しますが、離乳食から幼児食の時期の赤ちゃんの場合は、上の前歯の虫歯に注意が必要です。

フッ化物の塗布

フッ化物を活用することで歯のの表面のエナメル質を強くし、虫歯になりにくくします。したがって、虫歯がないうちからの予防が望ましいでしょう。一般的には、1歳6ヶ月頃になると上下の前歯12本と奥歯4本の乳歯が生えてきます。フッ化物は歯が生えてきた時から塗りはじめられますが、年齢に応じた利用法がありますので、どうぞお気軽にご相談下さい。

2歳~4歳頃

虫歯のできやすいところを重点的にケア

2歳を過ぎて一番奥の乳歯(第二乳臼歯)が生えてくると、咬み合わせ部分と歯と歯の間(隣接面)の虫歯を予防することが大切になります。虫歯のできる箇所を正しく理解して、その部分をしっかりブラッシングしましょう。この時期には、親御様がしっかり丁寧な仕上げ磨きをしてあげることも大切です。

食生活の注意点

間食は、お子様の身体の成長を助けるものですが、主食の妨げにならないよう、与える時間と量、種類には注意が必要です。おやつは、甘いものである必要はなく、できれば果物などを中心に与えると良いでしょう。また、この時期でのおしゃぶりは、今後の咬み合わせにも悪影響を及ぼしますので、やめさせ方を含めてご相談下さい。

5歳~10歳頃

6歳臼歯(第一大臼歯)

5歳~6歳頃になると、乳歯の奥歯の更に奥から6歳臼歯が生えてきます。大きくて噛む力が最も強く、とても大切な歯なので、「歯の王様」とも呼ばれています。6歳臼歯は最も大切な歯であるにもかかわらず、生えたての歯の歯質は未熟なため、虫歯になりやすくなっています。また、この歯は奥に生えていて歯磨きがしにくい上、咬み合わせ面は複雑で溝が深いためとても汚れがたまりやすく、虫歯になっても気がつきにくいという特徴もあります。

予防対策

6歳臼歯の虫歯予防には、お子様、ご家族、歯科医師及び歯科衛生士の協力体制が不可欠です。非常に磨きにくい場所なので、毎日のブラッシングでは必ず親御様が念入りに仕上げ磨きをしてあげましょう。仕上げ磨きは10歳頃まで必要となりますので、正しい歯磨きの仕方についてぜひご相談下さい。

予防には欠かせない定期検診

定期検診は、お子様をより良い環境に導いたり、親御様が日頃抱いていらっしゃる様々な疑問やご相談にお答えする機会でもあります。

7歳で初めて受診された時に、全国平均の2倍以上の虫歯があったお子様が、治療後に継続して定期検診を受けられたことで、10歳までに虫歯の本数がわずか0.33本しか増えていなかったというデータもあるほど、定期検診は非常に大切な役目を担っています。

お子様の歯はとても変化が早く、油断していると大変な結果を招くこともございます。一生自分の歯で楽しい食生活を送ってもらうため、お子様を定期検診にお連れ頂くことをお勧め致します。

 

当院へのお問い合わせ
ページトップ